リンク集プライバシーポリシーサイトマップ

沿革



昭和30年 2月 資本金30万円で神戸市生田区海岸通5丁目9番地に安原運輸株式会社を設立(船内荷役事業)代表取締役 安原 武夫
昭和37年 8月 協鐵輸送株式会社と荷役契約を締結し、八幡製鉄株式会社の鋼材荷役を開始する
昭和38年 5月 船内荷役事業第2種免許第12号取得
昭和41年 9月 沿岸荷役事業第4種免許第25号取得
昭和43年 6月 岡田港湾作業株式会社と合併、社名を日本港運株式会社と改名 資本金3500万円となる
     10月 日本郵船株式会社系列日本運輸株式会社及び株式会社辰巳商會、協鐵輸送株式会社(現栃木協鐵輸送株式会社)が資本参加
(資本金が4500万円となる)
昭和45年 4月 関連事業届出
     9月 安原 慈男 代表取締役就任
昭和47年 11月 PC-4バース CY、CFS、VP事業進出
昭和49年 3月 PL-5バース事業進出
昭和51年 3月 PL-11バース事業進出
昭和54年 3月 大阪陸運局より自動車の回送運行を許可される
昭和60年 1月 近畿運輸局より自動車運送取扱事業の登録を受理される
2月 港湾荷役事業 船内限定、沿岸限定免許取得
昭和62年 4月 港湾荷役事業 免許 港湾荷役第4号取得
岡村運輸株式会社と合併、日本コンテナ・ターミナル株式会社が資本参加(資本金4875万円となる)
PC-3 CFS事業開始
PC-11 CY事業及び関連作業開始
平成2年 1月 日本郵船六甲総合物流センター事業進出
平成4年 5月 PL-5背後地物流センター事業進出
平成6年 4月 日本郵船RC6/7へCY、CFS、VP、関連事業転出
平成9年 11月 安原 優 代表取締役就任
平成11年 7月 ポートアイランド郵便局事業進出
平成12年 10月 PI-O自動車内航船荷役事業進出
平成14年 2月 産業廃棄物収集運搬業、処理業 事業進出
4月 株式会社神戸ポートリサイクルにて作業開始
平成16年 2月 日鐵物流株式会社(現日鉄住金物流株式会社)と荷役締結
4月 日本郵船物流事業(現郵船ロジスティクス株式会社)
タイ物流倉庫へ業務改善のため指導者を派遣
5月 株式会社辰巳商會の要請によりクウェートへ作業指導者派遣
7月 日本郵船物流事業(現郵船ロジスティクス株式会社)
カナダ物流倉庫へ業務改善のため指導者を派遣
平成17年 3月 辰巳商會 神戸ポートアイランド物流センター事業進出
4月 日本郵船物流事業(現郵船ロジスティクス株式会社)
ニュージーランド物流倉庫へ業務改善のため指導者を派遣
平成18年 7月 株式会社辰巳商會の要請により中国へ作業指導者派遣
11月 安原 慈男 相談役:黄綬褒章受章
繋離船業進出
平成24年 8月 株式会社西神陸運と業務提携
10月 株式会社神戸山根運輸(現株式会社新和ロジテム)と荷役契約を締結し、RI-8事業進出
平成25年 12月 RC-3内CFS 事業進出
平成26年 7月 RC-1内CFS 事業進出
平成27年 12月 六甲アイランド臨港地区に事業用地(3ha)取得
平成28年 8月 株式会社ウインクスジャパンの株式を追加取得し、100%子会社化