リンク集プライバシーポリシーサイトマップ

ロとは、一般的に『技』が優れている人の事を言うそうです。私は入社した新人の頃、プロを目指し高い技術を身に付けようと意識していました。しかし、技術以上に心掛けるべき事がある事に気付きました。それは「基本」「基礎」「マナー」です。これが出来なければいくら高い技術を身に付けても社会人としてのプロとは呼べないと思います。

ロを目指している者は皆、誰かに憧れ、誰かを目標にしていると思います。もちろん私もある目標をもって24年間勤めてきました。
私の父親は日本港運で働いており、その父の紹介で私は日本港運へ就職することができました。小さいころから父親の背中を見ながら育ってきた私は、気づかないうちに父に憧れ、目標にしていたように思います。そしていつしか「父親を目標に」ではなく「父親を超える」ことが目標になっていました。これからも目標に向かって努力し、頑張っていきます。

はそれぞれの考え方や思いがあり、その中身は一人一人違います。日々、意見の相違がありぶつかり合う事もありますが、私はその都度一人一人が納得して理解してくれるまで話し合います。

私が悔しいときに皆も悔しいという感情を持ってくれる。
私がうれしい時に皆も喜んでくれる。
同じ目標に向かって皆力を合せて困難を乗り越えていく。

そんな仲間と一緒に仕事を出来る事が私の一番のやりがいです。今後も、「仲間が私を監督にしてくれる」という気持ちを大切にしていきたいと思っています。

本港運の半世紀以上の歴史の中で、現場は常に成長してきました。その成長にゴールは無いと私は思っています。
現場がこれからも成長していく為には、現場で働く私たちが成長する必要があります。皆が向上心と熱意を持ち、目的を達成するために努力し続ける事が現場の成長に繋がるのではないかと思います。
私自身も現場の成長に貢献できる様に日々努力していきます。

島居正和 緒方慎太郎 水谷晃治 小田匠 出利葉千晶 尾崎哲也 藤田史織