リンク集プライバシーポリシーサイトマップ

が所属している船内部門のキーワードは「仲間との連携」です。
船内作業では一人でできる作業が限られているため、班員との連携ほど大事なことはありません。お互いその日の体調チェックや声の掛けあい、荷役時の積み付けや段取りの相談など連携を取りながら毎日作業をしています。

歩間違えると大きな事故に繋がりかねないような世界で10年間働いてきましたが、その中では背筋の凍るような危ない場面や失敗もありました。失敗してしまうことはもちろんいけないことですが、このような経験から仲間との連携の大切さを学び、成長できたと思っております。

輩方から頂いた叱咤激励も、40度を越える灼熱の中を熱中症と闘いながら挑んだ日も全てが今の自分の自信に繋がる重要なパーツの一つだと思っています。

日々の作業を行う中で良い部分は吸収し、悪い部分は改善していく。そうすることで常にベストの仕事ができる――そして自分自身が先輩から学んだ技術を後輩たちやその先の世代に伝えていきたいと思っています。

代が移り変わると共に、自分たちに求められるものも変化してきています。どんな要望にも迅速かつ正確に、そして丁寧に応えられるかが今後の課題になってくると認識しています。今までに学んできたこと、これから先学んでいくことをうまく組み合わせて、自分を含め仲間や現場全体で共に成長していけたら会社としても大きく進化できるのではと考えています。

にとって仲間は苦楽を共にしてきた家族のような存在です。そんな仲間と共に今後も成長していけるように努力していきます。また、今までの成功や失敗を活かしながらこれからは周りに頼られるような存在になれるよう、挑戦し続けます。

島居正和緒方慎太郎 水谷晃治 小田匠 出利葉千晶 尾崎哲也 藤田史織